銀行ローンに関する用語、手形貸付とは何か

銀行が貸与する場合、資金使途によって短期的な貸出なのか、長期的な貸出なのかを区分しています。

短期的な貸出であれば、割引手形、手形貸付、当座貸越、長期的な貸出であれば証書貸付、支払承諾などがあります。

短期的というのは一年以内のことを指し、一年を超えると長期とみなします。

ここでは、銀行融資の中から、短期的な貸出の対応法の一つである手形貸付について説明します。

手形貸付とは、銀行に対して、借入れ用の約束手形を差し入れてお金を借りることです。

手形の受取人のところが銀行名、振出人が融資を受ける会社名になります。

基本的に、1年以内で返済する短期的な借入金で、会社の運転資金、決算、賞与資金などに活用されることがほとんどです。

返済方式は、一括返済と分割返済があります。

一括返済は、経常運転資金や商品仕入資金、外注費支払資金などを借り入れる場合によく使われますが、融資を受けてから3か月後に全額返済する方法です。

分割返済は、1か月ごとや3か月ごとに返済するなど、借入れ契約時に銀行と返済期日を話し合って決めることができます。

納税資金やボーナス資金、運転資金などを借り入れる場合によく使われ、運転資金の場合、売上は毎月発生し、1年間で総売上が決まるため、1年間というスパンで資金を借り入れて、毎月返済していきます。

納税資金やボーナス資金は、半年ごとに発生するものなので、6か月間で分割返済にするのが一般的です。

手形貸付でも、利息が発生します。

消費者金融ほど利息は高くありませんが、長期的に返済していく場合はより多く利息を支払うことになります。

審査では、業績が安定していることが最も大切です。

赤字体質であれば、融資を受けれない可能性もあります。

消費者金融の審査よりも基準が厳しくなります。

少しでも審査に通りやすくするには、経営が安定していることが一番ですが、申し込み時に資金使途を正しく伝え、虚偽の申請をしないことです。