知っておくと便利なキャッシング知識、融資とは

一昔前までキャッシングというと、あまり良いイメージがなく、忌み嫌う人がたくさんいましたが、最近は親しみやすいテレビコマーシャルや公式サイトの影響で、キャッシングに対するイメージが改善され、借入れをする人が増えています。

銀行や信販会社、消費者金融会社などから必要なお金を調達することを「融資」といいますが、個人であれば、自動車購入や住宅購入、教育費用、旅行費用などさまざまな不足分を補う目的で資金を集めますし、法人であれば、起業、経営の維持、事業の拡大、設備購入資金などの目的で資金を集めます。

「融資」という言葉を聞くと、たくさんの書類を用意したり、申込書記入欄が多いなど何かと手間がかかるのではないかと思いがちですが、消費者金融のカードローンやクレジットカード会社のキャッシングも融資の一つです。

お金を借りる際は、審査があります。

審査は、借入れ元である銀行、信販会社、消費者金融によって基準はさまざまですが、一般的に低めの金利で貸与する銀行は審査基準が厳しく、結果が出るまで時間がかかる傾向があります。

審査結果が出て、通過した場合、融資限度額が決定されます。

限度額は申込者の収入や他社への借入れの有無などさまざまな条件で一人一人異なります。

改正された貸金業法では年収の3分の1以上は借入れできないことになっています。

多くのカードローンは即日融資を受けることができ、インターネットから申し込むことができるため、急にお金が必要になったときに便利です。

銀行は金利が低いことから、多額の融資を受けたい場合に適しています。

さまざまな融資があり、いつでも気軽に借入れができるため、自分のお財布との境界線がなくなってしまいがちですが、借金をしているという自覚を持つことと、返済期日に遅れないことです。

ちょっとの気の緩みが多重債務に陥ってしまうもとということをよく覚えておいて、キャッシングは計画的に利用するようにしましょう。