住宅ローンの頭金はどの程度準備するとよいか

念願のマイホームを購入することを決意したら、購入費を準備しなければなりません。

ほとんどの人が住宅購入の際は、住宅ローンを組みますが、住宅ローンには頭金が必要です。

頭金とは、最初の購入時に用意できる金額のことです。

一般的には、「頭金は物件購入価格の2割以上」と言われていますが、これにはそれなりの理由があります。

それは、銀行が購入額の8割程度までしか融資しないことがほとんどだからです。

一昔前までは住宅金融公庫の制度で、8割までしか融資してはいけないと決められいましたが、最近は、8割以上でも融資する金融会社はあります。

しかし、融資しすぎてしまうと、銀行側に貸し倒れのリスクが高まってしまうため、現在でも8割程度となっているのです。

世間一般的に言われているように、2割程度準備してもよいですが、頭金がより多く準備できると、住宅ローンの総利息負担額を減らすことができます。

本来は、住宅ローンを組まずに、一括で支払ってしまえば利息を支払う必要がありませんが、住宅購入は人生の中で最も大きな買い物でもあるため、なかなか一括払いで購入できることがないのが現状です。

しかし、借入れ額が増えて、返済期間が長くなるほど利息負担が大きくなります。

この状況をちょっとでも回避するには、低金利で住宅ローンを組むことはもちろんのこと、住宅購入費そのものを抑える、繰り上げ返済をする、頭金をより多く準備するなどの方法があります。

「頭金ゼロでも住宅購入可」という広告を見かけることがありますが、頭金ゼロになると、月々の返済額が増えたり、返済期間が長くなるため、総支払額がかなり増えることから、あまりおすすめできません。

住宅を購入する際は、2割という世間の定説を参考にするのもよいですが、可能な限り頭金を用意しておくと、後々の支払いが少しでも楽になります。

返済は何十年と長期的になるため、計画的な返済プランを立てて住宅を購入しましょう。