今さら聞けないカードローンに関する基礎知識

「カードローン」という言葉を聞いたことがない人はほとんどいないと思いますが、どんな種類のローンであるかについて正確に説明できる人はほとんどいないのではないでしょう。

カードローンとは、自動車ローンや教育ローン、住宅ローン、キャッシングとは異なり、本人確認と個人の信用情報の記録内容に応じて無担保で借入れできるローンのことです。

カードローンは、どちらかというと個人の信用を重視しているため、比較的誰でも借りることができる自動車ローンとは異なり、審査に通らないこともあります。

気軽に借入れできそうなイメージはありますが、実はそうでもありません。

そんなカードローンは、定職に就いていること、安定した収入があること、申し込み可能な年齢であることという3つの条件を満たせば、誰でも申し込み可能です。

しかも、最近は限度額が10万円や30万円など比較的少ないものもあるため、収入が少ない学生さんや専業主婦の方でもカードを作れます。

一昔前よりも、利用可能な人の幅は広がってきていると言えます。

カードローンの最も大きな特徴と言えば、限度額内であれば何度でも繰り返し借入れ・返済ができることです。

自動車ローンや教育ローンなどの目的別ローンは、特定の目的にしか使えず、一定の金額の融資を一度に受けて、毎月分割で返済していきます。

しかし、カードローンは、利用可能限度額を契約時に設定され、その範囲内であれば何度でもATMからいつでも好きなときに借入れができます。

利用可能限度額は、年収の3分の1を目安に他社からの借入れの有無によって決まります。

返済は、カードローン会社によってさまざまで、元利均等方式、残高スライド定額リボルビング方式などがあります。

カードローンは、きちんと返済を続けている限り、限度額の範囲内で、コンビニなど身近なATMで借入れと返済を自由に繰り返すことができるので、利用者にとって利便性の高いローンと言えます。