メリットよりもデメリットが多いブラックリスト

「ブラックリスト」という言葉を知らない人はほとんどいないと思いますが、ブラックリストと言うと、なんだか怖いイメージが強くあります。

ブラックリストと呼ばれるリストそのものは金融業界では存在しませんが、個人信用情報機関には長期延滞者や債務整理者などの情報が記録されています。

この個人信用情報機関には、個人のお金に関するあらゆる情報が記録されています。

例えば、クレジットカードを作った場合やローンを組んだ場合などはもちろんのこと、金融機関から借入れたお金の返済状況、事故歴も記録されます。

つまり、一定期間返済が滞ってしまった場合や任意整理、自己破産などもすべて情報として載ってしまい、この情報をもとに、各金融機関が融資するかしないかを審査します。

事故情報に関しては、5年から7年程度は記録されるため、新たな借入れやローンを組むことができなくなります。

新たな借入れやローンが組めないということは、住宅ローンや自動車ローンなども組めないということです。

住宅や自動車購入はほとんどの人がローンを利用するため、現金で支払わないといけないとなると、かなりのデメリットになることは明らかです。

事故歴が記録されている間は、大きな買い物はできませんし、クレジットカードを新たに作ることができないため、かなり不便な生活を強いられることになります。

借金整理をすることで、返済すべき借金が減るため、メリットがあると思いがちですが、これまで借入れを当たり前のように行ってきた人にとって、借入れができない生活はかなりの我慢が必要であり、苦痛であることは間違いありません。

いわゆる「ブラック」状態にならないためには、キャッシングを利用したとしても、返済できる範囲内にとどめておくことと、返済期日に遅れないように入金することです。

できることなら、キャッシングに頼るのではなく、収入の範囲内でお金の管理を徹底する習慣を身につけることが先決です。