マネーに関する基礎知識、法定利息とは何か

みなさんは「法定利息」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

法定利息とは、金銭貸借の契約の際に、当事者同士が金利を特に決めなかった場合に自動的に適用される利率のことで、法律上決められた利息のことです。

この法定利息には、民法と商法それぞれで定められたものがあり、それぞれに適用される利率は、取引当事者の少なくとも一人が商人でない個人と個人の場合は、年5%、取引当事者の双方が商人の場合と、商品と個人の場合は年6%と定められています。

法定利息以外にも、金銭の貸借による利息に関する法律は、利息制限法や出資法の2つの法律があります。

例えば、友人に100万円を借り、返済日までにお金を返さなかった場合、法定利息は5%になります。

さらに返済期日までにお金を返さなかったことによる遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、利息とは全く性質が異なり、金銭債権において債務不履行があった場合の損害賠償金になります。

遅延損害金も法定利息と同様に、契約時に利息を定めていれば、その利息に従いますが、定めていない場合は年5%と決められています。

商人同士においては年6%になります。

たった5%、6%程度と思うかもしれませんが、超低金利の時代において、5%、6%というのはかなりの利率であり、無視することはできないくらいにけっこうな金額になります。

法定利息を支払い、遅延損害金も支払うとなると、返済がより厳しくなる可能性が高くなります。

利息制限法で、遅延損害金の上限は設けられてはいるものの、上限利率は29.2%まで認められているため、返済期日に遅れないように完済することがいかに重要であるかは明らかなことです。

お金を借りるのは簡単なことですが、返すことはなかなか大変なことです。

借入れ前に返済プランを具体的にシミュレーションして、確実に返済できると確信した上で慎重に借入れをすることで、借金トラブルをより回避することができます。