キャッシング基礎知識、おまとめローンとは何か

2010年に改正貸金業法が完全施行されたことで、上限金利は年利20%まで、総量規制で借入れは年収の3分の1までになりました。

改正貸金業法によって、利用者がこれまで以上に安心してローンを利用できるようになり、多重債務で苦しんでいた人を減らすことにもつながっています。

総量規制が導入されてから、注目されるようになったのが、「おまとめローン」です。

おまとめローンとは、複数のローン会社から借入れをしている借金を一本化してまとめてしまうことです。

このおまとめローンにはメリットとデメリットがあり、すべての人におすすめできるわけではありません。

メリットは、複数の借入れを一つにすることで、毎月の支払金額が少なくなり、返済の負担が少なくなることです。

複数のローン会社に毎月支払っていると、一社あたりの返済額は少なくても複数になるとそれなりの金額になりがちです。

しかも、返済日がバラバラであることがほとんどなので、うっかり返済し忘れてしまうなど返済スケジュール管理が大変です。

おまとめローンを利用すれば、1社のみの支払いになり、返済について相談したい場合でも1社だけですむため、手間が省けます。

デメリットは、急な出費があったとしても、追加で借入れができないことです。

おまとめローンは返済のみになり、仮に他でキャッシングをしてしまった場合は、契約違反になることもあり、一括返済を求められることもあります。

また、審査があり、一般的なフリーローンよりも時間がかかります。

提出書類も多く、契約までに何かと手間がかかります。

今後も借入れを利用したい場合は、おまとめローンの利用は適していません。

もう借金ができないから、自分のためになるはずと思ったとしても、これまで普通に借入れをしてきた人にとって、キャッシングに頼れなくなるのはかなり辛いことです。

メリットとデメリットをよく考慮した上でおまとめローンを利用するようにしましょう。