キャッシングに関する豆知識、借り換えローンとは

借り換えローンとは、高い金利で組んでいたローンを他からの借金で一括返済し、より低い金利でローンを組み直すことです。

つまり、ローンを組んでいる会社を乗り換えるということです。

金利は0.1%違うだけで、トータルな支払総額が大きく違ってきます。

借入れ額が多い場合や返済期間が長い場合は特に顕著な差が出ます。

金利を下げることで、支払総額が減るだけでなく、毎月の返済額も下がる計算になり、負担を減らすことができます。

あるいは、毎月の返済額を以前と同じ金額にすることで返済期間を短縮することもできます。

借り換えローンは、将来的な金利上昇が心配な方や、現在の高い金利を少しでも下げて負担を減らしたい方に特におすすめです。

金利が上昇することが明らかであれば、できるだけ早く借り換えをしたほうがトクです。

借り換えローンは、メリットが多いと思いがちですが、デメリットもあります。

一つ目は諸経費がかかることです。

借り換えでは、新たにローンを組む必要があります。

ローンを組むことで事務手数料やローンの契約書印紙、登記費用などの諸経費がかかります。

これらの費用を含めたとしても、借り換えローンを利用するメリットが大きいのであれば契約してもよいでしょう。

二つ目は金利の上昇です。

変動金利や短期固定金利のローンに借り換えた場合、将来的に金利が上がってしまうと損する可能性があります。

将来を見据えた上で契約する必要があります。

ただし、金利差や残高、残りの返済期間によって状況は変わってくるため、事前によく調べることが大切です。

また、民間の金融機関から公的金融機関への借り換えはできませんし、同じローン会社間でのプラン変更はできないことがあります。

どんな場合でも借り換えができるわけではないことを理解しておくことです。

少しでも早く返済完了できるように、日頃からムダ遣いに気をつけて計画的にお金を使う習慣を身につけるように心がけましょう。